高品質 高精度な検査を 患者様の立場で お届けしたい。
その気持ちを込めて、「地域に密着した検査センター」であり続けます。

<受託領域>

  1. 臨床化学検査
  2. 免疫血清学的検査
  3. 血液学的検査
  4. 一般検査
  5. 微生物学的検査
  6. 病原体遺伝子検査
  7. 病理学的検査
臨床検査

臨床化学検査

血液中の電解質・無機物質、蛋白質、非蛋白性窒素成分、脂質、酵素、ビリルビン、C反応性蛋白を測定します。
当社独自に開発した高速で高信頼性(親検体から子検体までのトレーサビリティ機能)の搬送ラインによって検体を自動分注処理し、最新の大型自動分析装置に自動投入、正確・精密そして迅速に分析しています。

免疫血清学検査

アレルギー関連検査・細菌やウイルスによる感染症検査・腫瘍マーカー検査・各種ホルモン検査などの特殊項目をお預かりした翌朝に報告できるよう最新鋭の各種自動分析装置を多数導入し、測定を実施しています。
また、正確なデータを報告する為検査精度の向上に日々努めています。

血液学検査

血液疾患や貧血などの検査を中心に血球測定から標本作製まで自動化され、安全かつスピーディに検査を行います。
また、凝固・線溶検査では出血性疾患や血栓性疾患検査を行います。とくに凝固検査(PT、APTT、FIB、TT、HPT)
及び線溶検査(FDP、Dダイマー)は血漿のみで同時に検査が可能です。

一般検査

尿検査では、腎・尿路系疾患や糖尿病などを目的として検査を行います。
また、便検査では寄生虫卵の検出(直接塗抹法)や消化管出血(大腸がんスクリーニング)を目的とした検査を行っています。
さらに、学童検診や便人HB郵送法にも力を入れています。

微生物学的検査

感染症を引き起こす微生物(病原微生物)には細菌・真菌(カビ類)・原虫・ウイルスなどがありますが、細菌検査室では、その中で特に「細菌」および「真菌」を中心に検査しています。

細菌検査は、塗抹検査、培養・同定検査、薬剤感受性検査からなり、病原菌の特定と有効な薬(抗生物質)を選択するための検査が行われています。また、当センターでは検出された細菌の種類や頻度などを統計的に処理し、院内感染対策に役立てています。

一般検査

細菌やウイルスなどの目的病原微生物に特有な部位をターゲットに核酸増幅を行うPCR法を用いることによって、目的とする遺伝子の検出・定量検査を行います。感度や特異性が高く迅速に結果を得ることが可能です。
一般の細菌培養では検出が難しい菌や培養に時間のかかる微生物の検出に用いられています。

微生物学的検査

病態の診断に重要な組織検査、がん検診などでがん細胞のスクリーニングを行う細胞診検査を病理専門医、細胞診専門医と連携しながら、迅速かつ高精度でお届けしています。

また、標本作製時の事故防止や患者様の個人情報の保護を目的としたシステムを導入し、信頼できる環境の構築を行なっています。

福岡本社 〒812-0857 福岡市博多区西月隈1丁目2-27
【お問合せ先】TEL:092(474)0601/FAX:092(474)0289